実印の選び方

実印 実印は何を作れば良いの?とよく聞きます。一般的な実印の選び方を学んでください。

実印の選び方

○実印が必要な場面

◆ 自動車の所有◆ ローンの契約◆ 不動産の取引や家の購入◆ 固定電話の加入◆ 事業独立◆ ゆいごん状の作成◆ 遺産相続 など、人生の大きな決断の場面で多く使われます。また、実印は人前で捺印する事が多く、しっかりとした印鑑は相手に好感と信頼感を与え、捺印した本人も決断と責任の自覚が芽生えます。ペンで書くサインも同じ事が言えますよね。
※結婚届けに実印は必要ないですがちゃんとした印鑑で記念日を飾って下さいネ♥

○実印とは

市区町村に登録がしてあり、印鑑証明書の受けられる 「はんこ」 を指します。
登録出来る印鑑は一人一本のみ(初回の登録料は無料)となっており、登録方法は住民登録をしてある市区町村役場または、出張所に登録する印鑑及と、本人の確認出来る書類(免許証等)を持参し申請します。
但し、登録の条件は地域により多少異なりますので、各市区町村の窓口にお問い合わせください。

印鑑のサイズ

印鑑のサイズ
実印は、25mm〜8mmの大きさが登録出来ます。
よく出るサイズは男性16.5mm、女性は少し控えめな13.5mmですが、ワンランク大きめのサイズで作っておくと、信頼のある捺印が出来ると思います。男性は21mm~15mm、女性は18mm~13.5mmのサイズをお勧めいたします。(特に事業を始める方や独立される方、心機一転をはかる方など、大きなご印鑑をお持ちになるとそれだけで信用が違います。これはサインと一緒で契約書にちっちゃいサインをされた場合と、しっかり大きいサインをされた場合の印象は違いますよね)

印鑑の素材

印鑑の材質

★象牙

象牙の違い

左:最高級象牙 右:特選象牙

◇昔から印鑑の代表格、像のキバ(歯)です。固く丈夫で長年の使用に耐える間違いのない印材です。印材に迷うのであれば象牙で作成しておけば生涯を共に出来るでしょう。
当店の象牙はとてもお得な価格ですので安心してご購入下さい。
取れる部分で【目の細かい最高級象牙】【目の細かくリーズナブルな高級象牙】【お手頃価格の本象牙】とありますが、【中心部分の芯持ち象牙】や【キバの横部分に切り出した横目象牙】など様々あります。条約で輸入制限されています。
高級はほどキメが細かく固くなります。

★オランダ水牛

◇水牛のツノです。(頭から生えており毛が進化した物ですが、ツノは戦う為に使われる道具ですので固く出来ています)混ざりの無い上品な雰囲気の白の【白オランダ水牛】と筋(フ)の入った勇ましい【オランダ水牛】があります。男女供に人気です!!

★天然黒水牛

◇これも水牛のツノです。心材から取れる混ざりの無い“黒”【天然黒水牛】が高級とされており、固さも十分です。また少し筋(フ)の入ったシマ模様が特に奇麗な部分のみを厳選した【縞天然黒水牛】は男性に人気です。

★黒水牛

◇色味や模様を奇麗な”黒”で染めた印材です。もちろん本物の黒水牛ですが、黒染めにより【黒水牛】と分類しております。固さも十分です。

芯材の証
印鑑の背に入っているスジや点は芯材の証です
(当店の角印鑑はすべて芯材です)

★本柘

◇様々な木製の印材がありますが、特に印鑑に向いている硬質な木材で、安価な印材として昔から採用されている印材です。当店で採用している柘は国産柘で、固さも十分です。
他にも宝石印材や金属(チタン)印材など様々扱っております。

印鑑の書体

印鑑の書体

男性は名字かフルネームが半々位で、女性は下のお名前がやや多いです(結婚前の方は性が変わっても印鑑はそのまま使って頂ける為です※再登録は必要です)

◆印相体(いんそうたい)

印鑑の中をはみ出す様にたっぷりと使います。また偽造されにくい書体で実印に向いている書体ですが、反面読みにくい場合もあります。実印と言えば印相体と言えるほど人気の書体です。

◆古印体

その名の通り古い印鑑の書体です。大きめで味のある書体で欠けにくい書体でもあります。

◆楷書体

書道でよく使われている書体で、多くの方に馴染みのある親しみやすい書体です。
安心感・安定感が魅力です。

◆篆書体(てんしょたい)

印相体よりは読みやすいが、他の書体よりは読みづらいという「丁度良さ」が人気の印鑑の定番書体です。一番古くから使われている書体です。

◆行書体

印象がやさしく特に女性に人気があります。
文字のデザイン上印面に少し小さめに彫刻します。

機械彫刻となりますが、印面のデザインは本部専属のスタッフが丁寧に作成致します。同じ佐藤さまでも同じ物が無いすべて1点物での彫刻となります。

実印には象牙がおすすすめです
黄門様