個人実印

実印

認印・銀行印

印材の種類

個人印提供価格

その他の印材も取り扱いがございます。お気軽にご相談ください。

完全手彫り印鑑提供価格手彫りは昔ながらの印鑑です。一本一本彫刻するお名前をデザインし、丁寧に伝統工芸士が彫り上げて行きます。完全な手彫りと、途中までリューターを使って彫る手仕上げが有ります。
料金もお手頃ですので、一生を共にする印鑑に思いのこもった手彫り印鑑もご検討ください。
手間ひまかかる為2週間前後かかります。

★印鑑の印材の特徴★

象牙(ぞうのキバ[歯])

象牙
印鑑の王様!!高い耐久性、重量感、光沢があり、朱肉とよく馴染みますので、使うほどに愛着がわく印材です。輸入が制限されており希少価値が高くなっております。象牙の中心に近いもののほうが、目が細かく高級品とされています。彫り直しをして親から子へ代々使える印材です。

白オランダ水牛(水牛のツノ)

白オランダ水牛
混ざりの無いツノの小さい希少な部分からより少量しか採取できないため、オランダ水牛の王様です。水牛の中でも特に硬質で粘りがあり、美しい白っぽい飴色が特徴です。

天然黒水牛(水牛のツノ)

黒水牛
天然黒水牛は、黒水牛の中で特に真の黒い希少な部分から採取した天然の色そのままの天然色です。黒水牛と比べると表面にうっすらと模様がうかび上がっているのが 特長です。硬質で粘りのある印材です。

縞天然黒水牛(水牛のツノ)しまてんねんくろすいぎゅう

縞天然黒水牛
本来混ざりのある水牛の印材は黒く染めてしまうのですが、その中で特に縞模様がきれいな印材をチョイスした物です。まさに同じ模様は無く一点物の印材です。男性に人気の天然色印材です。

オランダ水牛(水牛のツノ)

オランダ水牛
オランダ水牛は材質に【茶色い線〔フ〕といいます】が入り、その模様が勇ましくもあり、かわいくもあり、お求めやすく人気の印材です。

黒水牛(水牛のツノ)

黒水牛
黒水牛は、黒染めの2次加を施した堆黒が奇麗な黒水牛です。朱肉に対して木製印材よりも耐久性がる為、当店オススメの印材です。

本柘(木材)ほんつげ

本柘

国産で現在はサツマ柘が主流になっています。使うほどに艶が出て木目が美しい印材です。
木製の印材の中で密度が高く硬質でありますが、木製ですのでやさしくつき合って下さい。またさらに安価な垢(あかね)と見分けがつきにくい為注意が必要です 。

印鑑の書体

印鑑の書体

男性は名字かフルネームが半々位で、女性は下のお名前がやや多いです(結婚前の方は性が変わっても印鑑はそのまま使って頂ける為です※再登録は必要です)

◆印相体(いんそうたい)

印鑑の中をはみ出す様にたっぷりと使います。また偽造されにくい書体で実印に向いている書体ですが、反面読みにくい場合もあります。実印と言えば印相体と言えるほど人気の書体です。

◆古印体

その名の通り古い印鑑の書体です。大きめで味のある書体で欠けにくい書体でもあります。

◆楷書体

書道でよく使われている書体で、多くの方に馴染みのある親しみやすい書体です。
安心感・安定感が魅力です。

◆篆書体(てんしょたい)

印相体よりは読みやすいが、他の書体よりは読みづらいという「丁度良さ」が人気の印鑑の定番書体です。一番古くから使われている書体です。

◆行書体

印象がやさしく特に女性に人気があります。
文字のデザイン上印面に少し小さめに彫刻します。

機械彫刻となりますが、印面のデザインは本部専属のスタッフが丁寧に作成致します。同じ佐藤さまでも同じ物が無いすべて1点物での彫刻となります。